白内障の予防治療には点眼薬キャンCを

白内障の症状・治療と予防法

白内障点眼薬の通販

白内障とは?

白内障の水晶体

「白内障」という言葉を、見たり聞いたりしたことがあるという方は多いはずです。

 

眼病にもさまざまな種類のものがありますが、おそらく「結膜炎」や「モノもらい」などに続くメジャーな病気ではないでしょうか。

 

とはいえど、どのような病気なのか、伝染するものなのか、どういったことが原因でなってしまうものなのか、といった詳しい知識まで持ち合わせている方は、あまり多くはないでしょう。

 

そこで、今回は「白内障」について、全体的にご説明させていただきたいと思います。

 

「白内障」とは一体どのようなものなのか具体的に症状を解説します。

 

目の疾患の一つである白内障。この病気にはある特徴があり、それは人間の目の中にある組織、すなわち水晶体が白っぽい灰色や茶褐色に濁ってしまうところです。

 

時々、街を歩いていると不思議な色の目をした人が歩いていたりするのを、一度は見たことがあるはずです。

 

それはおそらく白内障です。また、見える物が霞んで見えたり、ぼやけて見えたりするようにもなります。

 

現在は白内障という名前で知られていますが、以前は「白底翳(しろそこひ)」と呼ばれていたようです。

 

ここまでは、白内障についての大まかなご説明をさせていただきましたが、更に掻い摘んでご説明させていただきたいと思います。

 

実は、白内障は発症の原因によって、症状の出かたや進行速度に違いが見られるようです。

 

ただ一つ言えることは、どちらも最終的には視界が白濁してしまいます。更には夜間しか物が見えなくなってしまいます。

 

その理由は、明るい昼間だと水晶体の中で光が散乱することにより、視界が白く染まってしまうからです。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

「白内障」の原因と対処法

 

実は、白内障の根本的な原因は、未だ解明されていません。水晶体を構成しているタンパク質を、クリスタリンといいます。

 

これが会合することによって変性し、黄白色もしくは白色に濁ることによって発症するのですが、水晶体の中に存在する細胞同士の接着力が弱まってしまったり、潤い方が悪くなったりすることによって発症するのではないかと言われているようです。

 

45歳以上の人に発症が多く見られ、年齢が高くなるほど割合はどんどん増加します。

 

80歳以上の高齢者のほとんどは、白内障の症状を引き起こしているともいわれています。

 

先ほど、視界がぼやけてしまうことなどをご説明させていただきましたが、決して全ての白内障の発症者が同じような症状に至るとは限りません。

 

このことから、病気というよりは老化の一環であるといった考え方もあります。

 

シミやシワも、老化の一環ですよね。それと同じように考えるということです。

 

老化以外では、先天性であったり、また栄養失調や糖尿病、被爆、外傷、アトピーによる合併症やダウン症などさまざまな種類の原因と考えられるものが挙げられます。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

白内障のキャンC点眼薬

生活の中において、さまざまな不便さが出てくる白内障ですが、残念なことに未だ治療薬は開発されていません。

 

手術でも完治は望めません。

 

眼科で、「白内障の日帰り手術」といった内容の広告を目にしたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、どうやら早期の段階で手術することにより、症状が改善されるだけのようです。

 

早期の段階で、進行を遅らせるために酸化防止剤を使用することもありますが、現段階ではきちんとした科学的根拠がなく、この状態では医薬品として認可されないため、医薬品として販売することは出来ません。

 

このため、現段階で可能なことは、薬や手術で進行を遅らせることだけです。

 

身近な病気のようで、実際はまだまだ課題が多く未知の病気である「白内障」は、いつ、どこで、誰が発症してもおかしくはない病気です。

 

現段階では完治する術はありませんが、進行を遅らせることは可能です。

 

決して他人事ではない、誰にでもなりうる病気なので、気になる方にはより詳しく「白内障」のことを知っていただけたらと思います。

白内障になりやすい人は?

未だ完治方法の存在しない病気の一つである、白内障。原因は外傷であったり、老化であったりとさまざまです。

 

また、誰にでもなりうる病気でもあるのです。

 

いつ、どこで発症するかわからない病気ではあるものの、他の病気と同様にかかりやすい人とそうでない人が存在します。

 

では、一体どのような人ほど、白内障になりやすいのでしょうか。

 

(1)まず第一に「シニア層」の方は当然ながら白内障のリスクが高まります。

 

白内障の原因の一つに、老化が挙げられます。これは、加齢と共に増えていくシミやシワと同じ考え方ができます。

 

シミやシワの場合は、早い人ならば30代から徐々に顔などに見られるかと思いますが、老化による白内障の場合は、だいたい60歳を超えると多くなってきます。

 

そして、80歳以上にもなれば、症状や進行速度に個人差があるものの、ほとんどの人に見られるといっても過言ではないでしょう。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

(2)次に紫外線をたくさん浴びる人も白内障になりやすいと言われます。

 

目の中にある組織、水晶体は紫外線によって白く濁ってしまいます。

 

つまり、屋外で太陽光にさらされることが多いということは、紫外線を多く浴びることであって、水晶体に影響が出やすくなってしまいます。

 

そのため、1日のうち5時間以上は外にいて、紫外線を浴びているという人は要注意です。

 

とはいえど、すべての人が室内で仕事をするわけではありませんし、仕事柄仕方ない場合もありますよね。

 

そのような時は、移動中はサングラスをかけたり、こまめに目薬をさすなど、目をケアすることが対策の一つです。

 

(3)次に、食生活が偏りがちの人も白内障のリスクが高いとされています。

 

コンビニやファストフードを含め外食が多い、油っこい食べ物が好きでよく食べる、野菜の摂取が少ない、といった人は注意が必要です。

 

これは白内障の心配だけでなく、肥満や糖尿病などさまざまな病気を引き起こす原因にもなりますよね。

 

偏った食生活では、目の栄養素であるビタミンやカロチンが不足しがちになります。

 

結果、栄養失調によって白内障になってしまうということもあります。健康でいるためには、バランスのとれた食生活が欠かせませんね。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

糖尿病、アトピー性皮膚炎患者、ステロイド剤使用者の白内障リスク

 

成人病の一つである、糖尿病。小学校でも習うため、ご存知の人もかなり多いはずです。

 

糖尿病の人は、糖の代謝を上手く行うことができません。そのため血液中の血糖値が高くなることで、白内障の発症率は健康な人より数倍も高くなってしまうようです。

 

アトピー性皮膚炎も、身近な病気ですよね。アトピー性皮膚炎の人の場合、紫外線などの刺激から皮膚を守ってくれる皮膚のバリア機能が、健康な人より低下していることから、白内障になりやすくなってしまうようです。

 

また、治療に用いられているステロイド剤も影響していると言われています。

 

ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎の治療以外にも、耳鼻科で処方される錠剤や喘息の呼吸器などさまざまな薬に使用されています。

 

体質によっては、ステロイド剤が身体に合わず、病気が改善するどころかステロイド剤による体調不良を引き起こしてしまいます。

 

アトピーだけでなく、ステロイド剤を含む治療薬を長期的に使っている人は、白内障のリスクが高くなってしまうのです。

 

とはいえど、目薬など目の治療薬には使われないステロイド剤が、なぜ白内障のリスクを上げてしまうのでしょうか。

 

残念ながら今のところ、はっきりとした因果関係は確定していないようです。

 

しかし、アトピー性皮膚炎の人は白内障発症率が高いということは、確かなようですね。

 

遺伝で白内障になるの?

 

血縁関係者の中に白内障発症者がいる場合、その家族も発症する確率が高いといわれています。

 

白内障とは違いますが、「乱視」という言葉をご存知でしょうか。

 

乱視は病気ではなく、ただ単に視力の問題ですが、血縁関係者の中に乱視の人がいた場合、その家族も乱視になりやすい、すなわち遺伝する確率が高いとされています。

 

実際に、とある家庭では母方の祖父、母親、娘が乱視だという例があります。とはいえど、あくまで遺伝しやすいということであり、必ずしも遺伝するというわけでは決してありません。

 

この中のどれか一つに当てはまっている人は、要注意です。

 

当てはまったからといって、必ずしも白内障を発症するということはありませんが、改善できる部分があれば、今からでも改善する努力をしてみてはいかがでしょうか。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬キャンCやシーナックは通販で。

個人輸入なら、自宅で白内障の点眼薬が処方箋無しで通販いただけます。

 
白内障点眼薬の通販

 

  • 全国送料無料でお届け
  • 忙しくて病院に行く暇がない方。
  • キャンCや低価格のシーナックなど点眼薬を自宅で買いたい方。
  • まとめ買いで自宅に白内障点眼薬を常備したい方。
キャンC(白内障点眼薬) シーナック(後発薬)

 

最も有名な白内障の点眼薬。目の水晶体の白濁の進行を阻止する目薬です。
4,576円/1箱の最安値


 
キャンCのジェネリックで低価格。成分はキャンCと同じで効果も同じです。
1,536円/1箱の最安値

 

サイトメニュー

白内障点眼薬の通販
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ