白内障 原因

白内障の原因

白内障点眼薬の通販

加齢が原因の白内障

白内障の原因

未だ完治する術のない白内障、その原因はさまざまです。では、一体どのようなことが原因となって発症する病気なのでしょうか。

 

白内障の原因で最も多いとされているのは、加齢です。

 

80代前後の年齢の人が、多く発症するようです。加齢による白内障の発症は、「加齢性白内障」や「老人性白内障」などと呼ばれます。

 

個人差はあるものの、加齢と共に水晶体は濁ってきます。

 

加齢性白内障は、シミやシワと同様に一種の老化現象です。そのため、年齢が高い人ほど発症する割合が多いようです。

 

しかし、最近では40代での発症が増えているそうで、高齢に比べると若い年齢の場合は重症化してしまう危険性が高まります。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

紫外線が原因の白内障

 

紫外線と白内障

 

白内障は、紫外線やダイオキシンなどによって発生した活性酸素が原因で発症するといわれています。

 

紫外線に当たる時間が多いほど、白内障に発症する確率は上がってしまいます。人の身体は、日々老化し錆びていきます。

 

これは加齢によるものなので、避けては通ることができません。なぜ錆びてしまうのかというと、その原因となるのが活性酸素なのです。

 

活性酸素は時として人の身体にとって必要なものとなり得ますが、基本的には老化の原因になってしまう有害物質のようなものです。

 

紫外線やダイオキシンなどによる活性酸素が原因となる病気は、白内障だけではありません。

 

白内障と同じメカニズムで発症する病気の一つに、「加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)」というものがあります。

 

加齢黄斑変性症とは、加齢によって、目の網膜にある黄斑部という組織が変性を起こしてしまう病気です。

 

この病気は、失明の原因となることがあります。

 

以前は老人性円板状黄斑変性症(ろうじんせいえんばんおうはんへんせいしょう)とも呼ばれていました。

 

ヨーグルトと白内障の関係

 

ヨーグルトと白内障の関係

 

ラットを使った実験があります。それは、ラットにヨーグルトを食べさせるという内容のもので、結果的にそのラットは白内障になったそうです。

 

なぜ、ヨーグルトが白内障を引き起こす原因となったのでしょうか。ヨーグルトの原料は牛乳だということは、皆さんご存知だと思います。

 

ヨーグルトは加工の段階で、乳糖が「グルコース」と「ガラクトース」に分解されます。

 

グルコースとは、ぶどう糖のことで、ガラクトースとは脳糖、エネルギーとなる物質のことです。グルコースと同じ分子式、分子量で、このまま体内で栄養源となります。

 

しかし、ガラクトースをエネルギーに変えるためには「ガラクトキナーゼ」と呼ばれる酵素が必要となってきます。

 

エネルギーに変えるためのガラクトキナーゼが不足していると、当然ながらガラクトースはエネルギーに変わることなく、そのまま体内に残ってしまうのです。

 

血液中のガラクトースの濃度が上昇することによって、さまざまな病気を引き起こしてしまいます。

 

肝硬変、腎不全、敗血症、髄膜炎などさまざまな病気が挙げられる中に、白内障も含まれていました。

 

今までずっと健康食品として親しまれてきたヨーグルトに、思わぬ落とし穴があったなんて!と驚く方も多いかと思います。

 

しかし、だからといって、「明日からヨーグルトを食べるのはやめよう」というのも、無理な話ですよね。

 

一つ重要なことは、ラットでの実験の際、一度に与えたヨーグルトの量です。

 

その量は、ラットの体重の1/3だったそうです。体重75キロの男性の場合、一度に25キロのヨーグルトを食べるということです。

 

なかなかそのような試みをする人はいないでしょう。

 

つまり、一度に過剰摂取しない限りは、ヨーグルトは白内障の原因とはなり得ないということですね。

 

白内障には、さまざまな発症の原因があります。完治することができない病気ではありますが、予防を心掛けることは可能です。

 

また、加齢など予防しようのないものも原因ではありますが、早期発見から適切な治療を受けることにより、進行を遅らせることが可能となります。

 

早期発見するためにも、正しい白内障の知識を身につけることは、非常に大事ですね。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ