キャンC 副作用

キャンC(Can-C)の副作用や注意点

白内障点眼薬の通販

キャンC(Can-C)の副作用や注意点

キャンC

ロシアの研究チームが10年以上の年月をかけて開発し、何度も臨床試験を繰り返してアメリカで特許をとった「白内障の点眼薬」「キャンC(Can-C)」

 

その「キャンC(Can-C)」の副作用や注意点などについてここでは説明させていただきます。

 

何度も臨床試験を行い、それをクリアしておりさらにアメリカで特許まで取得しているキャンC(Can-C)、安全性は高いのだろうけど外国製品だし、副作用があるんじゃないの?という方もいらっしゃるかと思います。

 

けれど、キャンC(Can-C)が発売されてから、開発元へ「副作用が出た」という報告は1件も届いていないとのことです。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

また、開発元と公式に提携し販売している完売会社のほうへも「キャンC(Can-C)を使用することによって出た副作用の報告」というものは1件も上がってきていないようです。

 

公式には「副作用は1件も上がっていない」とされていますが、日本の口コミサイトや知恵袋等の質問サイトで探すと何件かヒットするのが「キャンC(Can-C)を使ったら副作用が出た」というような記事や質問です。

 

その症状は様々で「点眼した後に限って頭が痛くなる」「鼻水が出る」などです。

 

けれどその書き込みに返信した方々とのやりとりを見ると「1日の限度回数を超えて点眼している」や「1滴目をさしてから時間をおかずに2滴目をさしている」など、公式に勧められている使い方以外の方法や容量で使用をしている人たちばかりでした。

 

副作用はそのせいで出たと考えられ、そういった書き込みへの返信はみな「正しい使い方をしたほうがいい」というものでした。

 

中には「説明書通りの使い方をするようにしたところ副作用が出なくなった」という報告もありました。

 

キャンC(Can-C)は海外製品なので、日本人には少し強い薬なのかもしれません。

 

けれどそれも、正しい使い方をすれば副作用が出ることもなく問題なく使用できる場合のほうが多いので、正しい使用方法で使っているにもかかわらず副作用が出てしまった場合は病院へ検査に行ったほうがいいかもしれませんが、そうでなければ一度自分の使用方法を確認し、正しい方法で点眼を続けることが大切です。

 

キャンC(Can-C)を白内障の治療薬として使用する場合、いくつかの注意点があります。

 

目薬の基本的な注意点から、キャンC(Can-C)独特の注意点まで、箇条書きにてお教えいたします。

 

  • キャップを開けっ放しにしない、1滴目と2滴目の間の数分間もなるべく一度キャップを閉めるようにすること
  • 開封後は30日以内で使いきること(基本的に1本が30日分として購入できます)
  • 開封前は常温で保管し、開封後は冷蔵庫にて保管する
  • 12歳以下の子供に使用させてはいけない
  • 点眼後、目の痛みや目の充血といった症状が出た場合は使用を中止して病院を受診すること
  • コンタクトレンズの上から使用できないので、点眼時はコンタクトを外して点眼すること
  • 他の目薬と併用しない。他の目薬を使用している場合は1時間以上時間をあけて点眼すること

 

白内障の治療薬として有名なキャンC(Can-C)ですが、注意点も多く、正しい使用方法で使用しないと副作用が出てしまう場合もあります。

 

また、眼球に白内障以外の怪我や病気がある場合も充血してしまったり痛みを感じる場合もあるようなので、そういった場合は一度使用を中止してきちんと病院を受診するようにしましょう。

 

ですが、基本的にはきちんと説明書どおり使用すれば危険なことはない薬なので、使用前にきちんと使い方を確認するようにしましょう。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ