クララスティル

白内障の点眼薬クララスティルとは?

白内障点眼薬の通販

白内障の点眼薬クララスティルとは?

白内障のクララスティル点眼薬

眼球の中の水晶体が酸化で傷つき起こってしまう「白内障」治療法は手術や点眼と、いくつかの選択肢がありますが、やはり手術はちょっと…という人には点眼薬、つまり目薬での治療がすすめられます。

 

そのいくつかある点眼薬の1つ、「クララスティル」についてここでは説明させていただきます。

 

今までの白内障の治療と言えば、手術、それも傷ついてしまった水晶体を取り除き、代わりになる人工レンズを入れるというものが一般的です。

 

しかし手術を受けても、その費用は高く、安全な手術ではありますが年間で白内障の手術を受けた約10%の人は再手術を受けていました。

 

そして点眼薬においても、白内障の点眼薬というのは治療そのものではなく水晶体の濁りを予防することと症状の進行を遅らせるものとして認識されていました。

 

従来の白内障で処方される点眼薬というのは、グルタチオン製剤とピノレキシン製剤という2種類があり、どちらも上記で説明したように水晶体の濁り予防と、症状の進行を遅らせるものとして使われていましたが、実は医学的にもはっきりとした効能が認められていませんでした。

 

つまりは「気休め」程度で処方されるものだったのです。

 

ですが、クララスティルはNアセテルカルノシン・非加水分解カルノシン(NAC)という複合アミノ酸が配合されており、この成分を点眼によって眼球に行き渡らせることにより、本来眼球の水晶体を守ってきたカルノシンという成分に変わり、水晶体に浸透し強力な酸化防止剤として働いてくれるのです。

 

「Nアセテルカルノシン」や「非加水分解カルノシン」なんて言われてもよくわからないし、直接自身の眼球に点眼するものだからこそ、変なものは使いたくないですよね。

 

でもご安心下さい。クララスティルに配合されている上記の栄養分はいわゆる「人口アミノ酸」と呼ばれるもので、10年間の臨床試験を終え、EUの安全規格CEマークを医薬品として取得後、2010年にはアメリカで特許承認され、既にヨーロッパ・東南アジア・ロシアなど様々な国で広く使用されています。
副作用はほとんどなく、一般的な白内障患者に使用されてから事件報告は1件も上がっていません。

 

また、「人口アミノ酸」というのは人間の体の中の組織だけでは創りだすことができず、化学合成によって製造されたものですが、何度も繰り返し行われた臨床試験によって、体に最も害がなく、きちんと水晶体に作用するものになっているのです。

 

点眼薬としてここ数年の間に話題になり認知され始めた海外の点眼薬「クララスティル」外国製ということで少し不安がある方もいるかとは思いますが、公式サイトの口コミなどを見ても90%以上の使用者が実際に視力の回復、白内障の症状の回復を実感しています。

 

また、成分に不安がある方でも、公式サイトにはより詳しく成分の説明がなされていますし、実際の眼科医なども認めている部分も大きいようです。

 

けれど現状、まだ今の医学的には病院を受診するとまず手術をおすすめされてしまいます。

 

目の手術には少し覚悟が必要ですし、病院を受診して「はい!すぐ手術!」というのは抵抗が…という方はぜひ一度手術をする前にこのクララスティルを試してみてください。

 

手術をする費用にくらべたらずっと良心的で、体への負担も全くないのでまずは手にとってみることをおすすめします。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ