白内障 アントシアニン

白内障に効くアントシアニンとは?

白内障点眼薬の通販

白内障に効くアントシアニンとは?

アントシアニン

年齢があがり老化すると共に発症しやすくなる「白内障」。

 

白内障とは眼球内の水晶体が酸化によって傷つくことから起こりますが、その治療方法は手術しかないと言われています。

 

それは何なのか?どのように効くのか?またどのように摂取すればいいのか?その部分を含めて「アントシアニン」について説明させていただきたいと思います。

 

「アントシアニン」という成分、なんだか聞いたことがあるような?ないような?

 

そんな名前ですが、そもそもアントシアニンとは何なのか?

 

実は、アントシアニンとはブルーベリーやナスなどに含まれる青紫色の天然色素で、「ポリフェノール」の一種でもあります。

 

ポリフェノールというのは植物が外敵である紫外線やウィルスから自身を守るためにつくりだす成分で、その中でもアントシアニンは抗酸化力がとても強いと言われています。

 

「ブルーベリーを食べると目に良い」ということを聞いたことがありませんか?

 

それはブルーベリー内に豊富に入っているアントシアニンが目に良いからなのです。

 

白内障だけに限らず、ブルーベリー、もとい「アントシアニン」は視覚機能を改善する効果や、眼病予防の効果があり、眼科医からも積極的にアントシアニンを摂取するように言われることも少なくありません。

 

そんなアントシアニン。「目に良い」というのはわかるけれどそれで白内障がどうにかなるのか?と言われると、結論から言えば「アントシアニン」によって白内障を完治させることはできません。

 

白内障は手術によって人工レンズを眼内に入れなければ完治はしない病気だからです。

 

けれどアントシアニンには「抗酸化」の効果があります。これは文字通り「酸化」を防いだり、酸化させてしまう外敵に対抗したりする働きですが、この働きによって水晶体の酸化を防ぎ、予防、または既に白内障を発症している場合はその進行を遅らせる働きをしてくれるのです。

 

そんな目に目そのものにも白内障にもいい「アントシアニン」はどうやって摂取すればいいのか?

 

それは、上記にもあるようにブルーベリーやナス、それから紫いもなどの果物や野菜に入っているので、食事で充分摂取することができます。

 

けれどアントシアニンというのは加熱や長時間の保存に弱く、火を入れたり数日置いておくことで植物から抜け出てしまったりします。

 

そうなると大量の野菜やくだものを食べなくてはならないことになってしまいます。

 

なのでそういった場合はサプリメントでも摂取することができ、またサプリメントならば手軽に継続して摂取し続けることができます。

 

「ブルーベリーが目に良い」と言われている理由はその中に入っている「アントシアニン」が視覚機能を改善してくれたり、酸化防止の効果があるからです。

 

また、パソコンなどの見過ぎで疲れた目の回復を早めてくれる効果もあります。

 

このようにアントシアニンは目と密接な関係にあり、白内障においても予防や進行を遅らせる効果を発揮してくれるのです。

 

白内障になってからでも、これから年を重ね白内障になってしまう危険性がある人でも、少しでも健康な目で生活をするため、出来る限りアントシアニンは摂取し続けたいものですね。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ