白内障 ルテイン

白内障にはルテインが効く?

白内障点眼薬の通販

白内障にはルテインが効く?

ほうれん草

白内障に限らず、目の視力の低下防止や疲労回復などに効果があると言われている成分で有名なのは「アントシアニン」という成分で、ブルーベリーなどの青紫系の果物や野菜に多く含まれています。

 

なので「ブルーベリーは目に良い」という言葉は誰でも一度は聞いたことがあることでしょう。

 

けれど、アントシアニンだけでなく、実は「ルテイン」という成分も白内障を始めとした目の病気の予防等に効果があるのです。

 

そもそも「ルテイン」とは何なのか?あまり聞き慣れない成分名だと思いますが、実はルテインとは、とても強い抗酸化作用を持つ「カロテノイド」という栄養素の一種なのです。

 

ルテインはカロテノイドの中でも「黄色」の色素を持つ成分で緑黄色野菜に多く含まれています。

 

また野菜だけでなく、卵黄やとうもろこし、花で言うとマリーゴールドなどにも多く含まれています。

 

上記でルテインという成分はそもそもどういった作用があるのか、何に含まれているのかを説明しましたが、ではそのルテインが白内障とどう関係があるのかを説明させていただきます。

 

そもそも白内障とは、眼球内の水晶体と呼ばれるレンズの役割をしている組織が酸化することによって傷ついてしまい、ものが見えにくくなったり目が白く濁ってしまうことから起きる病気です。

 

そして、一度傷ついてしまった水晶体は人間の作り出す栄養では回復させることができません。

 

なので白内障になった場合は傷ついた水晶体の代わりになる人工レンズを埋め込むことになります。

 

このように、白内障は水晶体が「酸化」することによって引き起こるのですが、このルテインという成分は、とても強い「抗酸化作用」があるので、酸化して水晶体が傷ついてしまうことを防いでくれるのです。

 

なので「白内障の治療」というよりは「予防」や「病気の進行を遅らせる」という役割を担ってくれる成分なのです。

 

基本的にはルテインはほうれん草などに多く含まれる上、摂取したその90%以上の栄養分が目の水晶体へと働きかけてくれます。

 

なので日々のバランスの良い食事に加え少し多めにほうれん草等の緑黄色野菜を食べることによって摂取することはできます。

 

けれどルテインが含まれる「カロテノイド」という成分は、その摂取した人物がストレスを抱えていたり、運動不足や寝不足があったり、また喫煙者であった場合、体に吸収できる栄養分がぐっと減ってしまいます。

 

なのでそういった場合にはルテインが配合されているサプリメントなどで補っていくことが大切です。

 

水晶体の酸化を防いでくれる「ルテイン」あまり聞き慣れない成分名ですが、実は私達の身近な食べ物にも多く含まれています。

 

けれど、その人の体調や生活状況によって摂取できる量がかわってきてしまうので、自分にどれだけルテインが必要なのか、また効率のいい摂取方法はどういったものなのか、きちんと確認してから摂取することが大切になってくるのです。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ