白内障 ブルーベリー

ブルーベリーは白内障にも効く?

白内障点眼薬の通販

ブルーベリーは白内障にも効くの?

ブルーベリー

ブルーベリーを食べると目に良い」というのは多くの人が聞いたことがあるかと思います。

 

よくテレビなどの健康番組やブルーベリーのCMなんかでも紹介されていることですね。

 

けれど「目に良い」というのは具体的にどういうことなのか?また目に良いとされるブルーベリーは白内障にも効果があるのか?そのあたりを詳しく説明させていただきます。

 

そもそも何故「ブルーベリーは目に良い」と言われているのか?まずはそこの説明をさせていただきます。

 

ブルーベリーには、アントシアニンという成分が入っていて、そのアントシアニンは、眼内の成分である「ロドプシン」という、外界から目に入ってきた光を電気信号に変換して脳へ送る働きをしている成分を再合成してくれる働きを持っています。

 

ロドプシンは目を酷使することによって段々と処理能力が落ちロドプシンそのものが減ってきてしまいます。

 

ロドプシンが減ることによって眼精疲労、いわゆる「目の疲れ」を引き起こすのです。

 

そのようなときにブルーベリーもとい「アントシアニン」を摂取し、ロドプシンの再合成を行うと目の疲れを回復し、ロドプシンも通常通りの働きをしてくれるようになるということなのです。

 

そんな眼精疲労の味方のブルーベリーは白内障にも効果があるのか?

 

白内障とは、眼球内の水晶体が酸化することによって傷つき、引き起こされる病気ですが、ブルーベリーに入っている「アントシアニン」の働きは、実はロドプシンの再合成だけではありません。

 

実は、水晶体が酸化してしまう理由には「活性酸素」が影響していて、体内に呼吸によって取り込まれた酸素が活性化してしまい活性酸素となり、その活性酸素が水晶体の主成分であるタンパク質を攻撃し酸化してしまうのですが、「アントシアニン」は酸素の活性化を抑え、酸化を防ぐ抗酸化作用もあるのです。

 

アントシアニンが酸化を抑えてくれる効果によって、白内障の完治はできませんが、進行を遅らせることができたり、予防をすることができるのです。

 

ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」は白内障にも効果があることは上記でわかりましたね。ではどう摂取するのが一番効果的なのか?

 

実はアントシアニンは持続性があまり無いのが特徴で、摂取するには定期的かつ継続的に摂取する必要があるのです。

 

また、アントシアニンは一日に40〜90r摂取することで白内障だけではなく目の健康そのものを維持できるとされています。

 

その量をブルーベリーのみで摂取しようとした場合、一日に必要なブルーベリーの量は60〜300gとされ、その量は両手いっぱいに山盛りに積まれた量を表します。

 

毎日それだけのブルーベリーを食べるのは正直厳しいですよね?

 

その場合は、乾燥ブルーベリーや、薬局などで購入できるサプリメントで摂取することができます。

 

なぜ「ブルーベリーは目にいい」と言われているのか?また、ブルーベリーは白内障にも効果があるということがわかっていただけたかと思います。

 

一日の必要分を生のブルーベリーで摂取するのは正直大変ですが、食べれるときに食べ、そうでない時はサプリメントに切り替えるなど自身で無理のない量を調節しながら定期的かつ継続的に摂取することが大切になってくるのです。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ