白内障 手術

白内障の手術とは?

白内障点眼薬の通販

白内障の手術とは?

白内障の手術

白内障の治療法には、投薬と手術の2つが挙げられます。

 

どうしても怖いイメージのある手術ですが、それが目の手術となれば余計に怖いイメージしかありませんよね。

 

しかし、進行してしまった白内障の治療には、投薬は効きません。

 

そのため、日常生活に支障をきたすほどに進行した白内障の場合、止むを得ず手術をすることになってしまうのです。

 

眼科の広告やポスターなどでもよく見かける、白内障の手術とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

白内障の手術とは

白内障の手術は、白内障により濁ってしまった水晶体を取り除きます。

 

水晶体は、いわば目のレンズです。

 

水晶体は1つしかないため、取り除いた水晶体の代わりとなる人口の水晶体を挿入すれば、手術は完了となります。人口の水晶体は、「眼内レンズ」と呼ばれています。

 

手術により、元の正常な視力を取り戻し、正常なものの見え方ができるようになります。

 

白内障によって使い物にならなくなってしまった水晶体を取り替えること以外では、今のところ手術による治療法はありません。

 

ちなみに投薬でも治療は可能ですが、投薬が可能なのは手術レベルまで進行していない白内障の場合だけです。

 

投薬でできることは、白内障の進行を遅らせることです。

 

白内障の手術は、国内で年間およそ140万件にもおよぶ、最も多い外科的手術の部類に入っています。

 

手術は大学病院や、町の大きな総合病院でも勿論行われていますが、小規模な眼科でも行われています。

 

眼科の広告やポスターで、「白内障の手術が日帰りでできます!」というような内容のものを目にしたことがある方も、多いかと思います。

 

現在、日帰り手術がおよそ全体の45パーセントで、残りが入院となっています。

 

手術とだけあって、入院の割合が多いとはいえど、かなりの割合で日帰り手術が行われているようですね。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

大まかな手術の流れ

 

個人差や、病院によって異なる部分も勿論ありますが、大まかな手術の流れをご説明します。

 

まず最初に行われることは、手術前の検査です。白内障と診断され、手術を行うことになった場合には検査を行います。

 

検査の目的は2種類あり、1つは手術のための情報を得るため、そしてもう1つは手術後の患者のものの見え方を決定するためです。

 

検査とはいえど、手術と同じくらいに大事な要素であり、手術と同様に結果を左右するものです。

 

白内障の手術は日々進歩していますが、その背景には検査の進歩がありました。

 

それは検査が進歩したことで、手術後の視力状態をよりよくしたり、合併症の発生率を低下が可能となりました。

 

検査を受けたら、いよいよ手術です。手術時間は、およそ15分ほどと短めです。

 

早ければ10分以内に終わってしまうこともあるようですね。目に局部麻酔をかけて行うのですが、意識はありますので緊張してしまうでしょう。

 

手術後は、日帰りの場合は眼帯をつけてもらい帰宅します。

 

その後は医師の指示に従って、定期的に術後経過を診てもらう必要があります。

 

これは、白内障の手術だけに限らず、他の部分の手術や治療でも同様ですよね。

 

手術当日の注意

手術当日には、いくつか注意すべきことがあります。まず1つ目は、食事を控えることです。

 

手術時間が午前中ならば朝食を、午後ならば朝食をとることは問題ありませんが、昼食は控えなくてはなりません。

 

これは白内障の手術だけに限りませんよね。いくら目の手術とはいえど、ルールはどの身体の部分の手術であっても同様のようです。

 

2つ目は、付き添いの人が必要となります。手術後は眼帯をして帰宅することになるため、視界が安定しません。

 

そのため、安全を考え車の運転は禁止とされています。付き添いの人は、家族以外には友人でも可能です。

 

流石、日帰りも可能とだけあってスピーディーな白内障の手術。

 

「思ったほど怖くはなさそう。」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

白内障の手術について動画で学びましょう。少しでも不安がなくなると幸いです。

 

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ