ハムスター 白内障

ハムスターの白内障とは?

白内障点眼薬の通販

ハムスターの白内障とは?

ハムスターと白内障

眼球内の水晶体に傷がつくことで引き起こり、投薬では完治できない目の病気である「白内障」。

 

白内障は人間は老化とともに発症する人が多く、人間以外でも、犬などの動物にも老化、または目の外傷、その他の病気の合併症などでも白内障が発症することが知られています。

 

けれど実はもっと小型な「ハムスター」にも白内障が起こる可能性があることはご存知でしたか?

 

ハムスターがなる白内障も、原因は基本的には人間とそれほどかわらず「老化」によって引き起こることがほとんどです。

 

老化以外の原因だと遺伝や、目の病気以外の糖尿病や内臓系の疾患からくる合併症であることがあります。

 

けれど、90%以上が老化です。なぜ殆どの白内障が老化からくるものかというと、ハムスターの寿命というのは種類にもよりますが長くても平均3年前後とされていますので、生後1年半を過ぎたあたりから老化が始まってくるのです。

 

そしてハムスターというのは基本的に室内のケージの中で飼い、その一生のほとんどを狭い空間で過ごします。

 

つまりそこは守られた空間であり、飼い主がきちんと掃除をするなど清潔にし、餌の与えすぎ、太り過ぎ等の問題が無ければ大きな病気をすることがほとんどないからです。

 

ハムスターが白内障になってしまっていないかどうかを見分けるとき、その見分け方も人間とかわらず眼球内に白く濁ったもやが出ていないかどうかを確認します。

 

けれどそこで注意しなければならないのは、明るい部屋では白内障の症状が判別しにくいということです。

 

ハムスターの目は人間とは少し違っているので、日光の下や蛍光灯など眩しい光の下ではハムスターの目は白内障でも真っ黒に見えてしまうことが多いのです。

 

なのでハムスターが白内障にかかっていないか見分けるには、電気を消した瞬間か、電気を消した薄暗い部屋の中で確認することが大切なのです。

 

暗いところで確認して、ハムスターの眼球の中央が青白く光っているように見えたらそれは白内障の可能性が高いです。

 

基本的に人間の白内障というのは手術で治療し、点眼薬では進行を遅らせることはできても完治させることはできません。

 

それは人間に限らずどの動物でも同じです。けれど、だからといってハムスターのような小さな動物を手術することもかなり難しいですよね?

 

ではどうすればいいのか?結論から言ってしまえば、その他の病気の合併症として発症した白内障でないのなら、放っておくのが一番です。

 

元々ハムスターというのは暗い所を好み、地中に穴を掘って暮らす動物なので、視力は元々があまり高くなく、目が見えなくなっても鋭い嗅覚と聴覚で方向を見失うことはありません。

 

あまりにも日常的に「まっすぐ歩けなくて怪我を頻繁にする」「他の病気の疑いがある」という場合は別ですが、そうでなければ「ああ、老化が始まったんだな」と認識し、よりそのハムスターが暮らしやすいようにしてあげることが大切です。

 

注意したいことは、基本的に白内障になってもハムスターの暮らしそのものはかわることはありませんが、ケージが2階建てのものだったり、あまりにも高低差があるようなものは転落による骨折などを防止するためになるべく1階建てか、段差があってもそこまで高低差のないものに変えてあげることです。

 

白内障は、哺乳類であるならばどんな動物でも老化と共にやってくる病気です。

 

けれどハムスターのように元々暗いところを好むような動物は発症してもそれほど早急な処置を必要としない場合もあります。

 

なのでそのハムスターが白内障を発症し視力が落ちてしまっても過ごしやすいように、環境を整えてあげることが大切になるのです。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ