若年性白内障

若年性白内障とは?

白内障点眼薬の通販

若年性白内障とは?

「白内障」と聞いてまず思いつく原因は?と聞かれたら、多くの人が「老化が原因」と答えるかと思います。

 

もちろん、基本的には白内障は老化と共に水晶体が酸化してしまい、傷がついてしまうことから発症する病気なので間違ってはいません。

 

ですが老化に関係のない「若年性白内障」という病気があることはご存知でしょうか?

 

白内障を患っている全患者の中で最も多い年代は70代〜80代以上です。

 

むしろ、もっと言ってしまえば80歳以上のほとんどの人が白内障を患っていると言っても過言ではありません。

 

なので白内障と聞くと高齢の人の病気と思われがちですが、実は若い、10代〜30代の人でも発症する「若年性白内障」というものがあるのです。

 

通常の加齢白内障は、その症状の進行がゆっくりである程度目に見える症状が出てくるまでは病気そのものに気づかないことが多いです。

 

ですが、若年性白内障は加齢白内障と違い、症状の進行のスピードが早く、目のかすみや視界の悪さなどの初期症状に気がついてから急激に水晶体の濁りが始まるという例が非常に多いのが特徴です。

 

若年性白内障の原因として考えられるものはいくつかあり、大きな原因と言われている1つは、目への大きな衝撃や怪我です。

 

例えば、目を強打するような怪我をしたり網膜剥離やぶどう膜炎などの目の病気が元の原因になっているものが多いです。

 

それ以外にも、遺伝や赤外線、放射線治療などの影響、またステロイド系の薬や、抗鬱剤などの抗精神病薬などの副作用も原因の1つとして考えられています。

 

そして、ここ近年で多くなってきており、新しく若年性白内障の原因ではないかと言われているのが「精神的ストレス」「運動不足・睡眠不足等を伴う不規則な生活」「喫煙」等です。

 

若年性白内障は人によって当然原因は違いますが、その原因が上記のどれにあたるのか見極めることは困難なのです。

 

なので自身で思い当たる部分があり、それが自身の力で改善できるものの場合は改善し、少しでも症状を落ち着ける努力をしなくてはならないのです。

 

目がかすむ、ものが良く見えなくなってしまう、眼球の中央部分が白く濁り始める、などの白内障の症状が自覚できた場合はなるべく早めに病院を受診するようにしましょう。

 

若年性白内障も、治療方法は通常の加齢白内障と同じで手術をしなければ完治することはなく、点眼薬で進行を遅らせるか手術をして完治させるかのどちらかの方法しかありません。

 

通常の白内障の場合は患者の年齢や手術に耐えるだけの体力があるかどうかを見て点眼薬の使用を進められる場合も多いですが、若年性白内障の場合は他の病気がない限りは手術を勧められます。

 

若年性白内障は様々な原因によって引き起こる可能性のある病気です。完治させるためには手術をするしかありません。

 

目の手術と聞くと不安になってしまうかもしれませんが、現在の医療技術の進歩により、白内障手術というのは体等への負担も少なく、気軽に安心して手術を受けられるようになっています。

 

また、通常の加齢白内障と違い、若年性白内障を発症する人の年代は10代〜30代と若いので、手術の負担にも通常の白内障患者よりも耐えられます。

 

なので、できることならば点眼薬で完治を先延ばしにするのではなく医師との相談の元より早くベストなタイミングで手術をすることをおすすめします。

 

<白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ