白内障 眼精疲労

白内障と眼精疲労の関係は?

白内障点眼薬の通販

白内障と眼精疲労の関係は?

目の中にあるレンズの役割をしてくれている「水晶体」に傷がついてしまうことで起こる白内障。そんな白内障は眼精疲労とはどういった関係があるのか?

 

ここでは白内障と眼精疲労の関係性について説明していきます。

 

「眼精疲労」って言葉よく聞くけど、結局は目が疲れてるってことはわかるけどそれ以外のことがよくわからない…。という方、実は多いのではないでしょうか?

 

そもそも眼精疲労とはどんな症状で、どういった原因で起こるのか?まずはそんなところから説明していきましょう。

 

症状の代表的なものは、目が疲れて重たい感じがしたり、目がしょぼしょぼしたりというものから、充血や痛み、かゆみ、ものがぼやけて見える、弱い光でも眩しく見える、などがあり
目以外にも肩がこったり頭痛がしたり、めまいや吐き気を伴ったりと体に現れる症状もあります。

 

眼精疲労とは、文字通り「目が」「疲れている」状況ではありますが、目が疲れてしまう原因は大きく分けて4つ挙げられます。

 

@目の使いすぎ
基本的に眼精疲労で一番多いのは目の使いすぎです。仕事で1日中パソコンを使用していたり、暗い部屋でテレビを見たりゲームをし続けたりするなど、目を酷使し続けることで眼精疲労の症状が出てきます。

 

Aストレスや精神的不安感から
ストレスのせいで胃が痛い…なんて話はよく聞きますね?実はストレスによって体に異常が出ることはよくありますが、その箇所というのは十人十色、100人いれば100種類あります。元より目をよく使う人は、目に疲労感としてストレスが現れる人も多いのです。

 

B目の病気
注意したいのはこの部分です。何か別の目の病気(白内障・緑内障・ドライアイ・術後異常、近視・遠視等の視力矯正等)の初期症状として眼精疲労が現れるケースも多く、ただの眼精疲労だから大丈夫だろう…と放っておいたら大変なことになってしまった!という場合があります。少しでもおかしいと思ったらすぐに病院に行きましょう。

 

Cその他の体の病気

 

Bと基本的には同じですが、病気の根本の原因が目ではなく体のどこか別の部分にある場合です。この場合も早めに病院に行って検査をするほうがよいでしょう。

 

眼精疲労と白内障がどう関係あるのかというと、上記で説明したBが当てはまります。

 

眼精疲労が原因で白内障になることもありますが、それは年をとっていくにつれて自然となってしまうものなので、仕方ないといえば仕方ありません。

 

基本的には眼精疲労の症状として、目の疲れやかすみ、眩しさを感じるなどの症状がそのまま白内障の初期症状として当てはまることもあります。

 

白内障は80歳異常のほぼ100%の人が初期段階のレベルを発症していると言われています。

 

白内障は長生きすればするほど避けては通れない病気なのです。

 

そして、仕事などで目を使い続けている人は発症が平均よりも早くなると言われているので、できるだけ目を酷使せず、どうしても仕方が無いときはこまめに休憩を取るようにして対策をしましょう。

 

眼精疲労と白内障がどう関係あるのかわかっていただけたかと思います。

 

眼精疲労が溜まり続けると白内障の発症も早くなってしまうことがありますが、基本的には眼精疲労の症状は白内障の初期のサインと思って貰えれば大丈夫です。

 

なので少しでも違和感を感じたら投薬などで進行を遅らせたり、早めに手術をしてしまうことをおすすめします。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ