糖尿病白内障とは

糖尿病白内障とは

白内障点眼薬の通販

糖尿病白内障とは

白内障

白内障とは基本的に老化と共に徐々に発症していく目の病気ですが、実は糖尿病の合併症として現れる「糖尿病白内障」が存在するのです。

 

今回はそんな「糖尿病白内障」について詳しく説明していきます。

 

まず、「糖尿病」について軽く説明しますが、糖尿病とは膵臓から分泌されている「インスリン」というホルモンが足りなくなったり、その働きの作用が弱くなってしまうことから血糖値が高くなってしまうことで発症する病気です。

 

そしてその合併症として現れるのが「糖尿病白内障」ですが糖尿病白内障にも種類があり、糖尿病そのものが原因として発症してしまう「真性糖尿病白内障」という病気と、老化によって引き起こる通常の白内障が糖尿病と一緒に発症している「仮性糖尿病白内障」という2種類になっています。

 

基本的に、多くの場合にはこの後者である「仮性糖尿病白内障」とされていますがそれが何故かというと、糖尿病になると老化を促進させる作用のある「終末糖化産物」という成分が体に蓄積してしまうことや、酸化ストレスが原因とされているのではないかと言われています。

 

糖尿病白内障の症状も、通常起きる加齢性の白内障と同じで初期症状として、目のかすみや、弱い光でも眩しく見えてしまうなどの眼精疲労の症状が現れます。

 

この時点で「自分は糖尿病白内障なのだ」と気づける人はあまりいません。病気が進行するにつれて、段々と物が見えにくくなったりして視覚障害に気がつく人が増えてきます。

 

また、「真性糖尿病白内障」はその症状が重くなるスピードが早いことから仮性糖尿病白内障や、加齢性の白内障に比べて発症に気がつくのが早いとも言われています。

 

糖尿病白内障の発症や進行には、糖尿病をわずらっている期間や、血糖コントロール、そして年齢なども深く関わっていると言われており、特に血糖をうまくコントロールできれば白内障の発症を遅らせることができたり発症してしまってもその進行を遅らせることができると期待されています。

 

けれど、糖尿病白内障も通常の加齢性の白内障と同じように、発症してしまったら投薬で完治させることはできなくなってしまいます。

 

もし発症してしまっている場合は投薬等で進行を遅らせるか、日常生活に問題があるほどの視覚障害が出てきてしまった場合通常通り手術で人工レンズを埋めることになります。

 

ただ、ここで通常の白内障と違うのは、糖尿病を患っているために、血糖値の数値などが安定しない状態で手術をしてしまうと、術後感染症にかかりやすくなってしまったり、その他の合併症を引き起こしてしまう場合があります。

 

糖尿病白内障の詳しい内容がわかっていただけたかと思います。

 

上記で書いたように糖尿病の症状が安定しないまま白内障の手術を受けてしまうと、その他の病気のリスクが高くなってしまうので、白内障の症状を自覚した場合はすぐに手術を受けるのではなく、一度投薬や血糖コントロールなどで進行を遅らせて、医師と相談のもと糖尿病の症状がある程度落ち着いてからの手術にすることをおすすめします。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

●糖尿病白内障について

 

白内障は、年齢とともに誰にでも起こる視力障害であり、眼球の水晶体が白く濁ることで視界がぼやけてしまいます。

 

80歳を過ぎれば、症状の程度には差があれども誰もが白内障を患っているとさえ言われています。

 

そんな白内障が、「糖尿病」によって症状の進行が早まってしまうとされているのです。

 

大まかな症状自体は通常の白内障と同様ではあるのですが、症状の観察と手術に関して注意深く行うことが必要になるため、通常の白内障と区別して「糖尿病白内障」と呼称しています。

 

白内障の原因である「水晶体の白濁」は、体内の抗酸化力が低下することで酸化が進みやすくなることが原因です。

 

糖尿病と白内障の直接の因果関係については詳しく解明されていませんが、血糖値が高いことによる「組織の糖化」が老化のスピードを早めていることが原因であるという説があります。

 

●糖尿病白内障の症状について

 

先ほども申し上げましたが、糖尿病によって症状の進行が早まるというだけで、通常の糖尿病と症状の内容自体には違いはありません。

 

主な症状としては「物がかすんで見える」「光がにじんで見える」「強烈な光をまぶしく感じる」「物が二重に見える」「夕方に物が見えなくなる」といった感じで、視力に関する様々な障害を受けることになります。

 

これらの点は通常の白内障と変わらないのですが、一般的には年齢とともにゆっくりと進行するこれらの症状が、糖尿病の影響で早く進行してしまうという違いがあります。

 

●糖尿病白内障の治療と注意すべき点

 

糖尿病白内障では、抗酸化作用のある点眼薬(目薬)で白内障の進行を遅らせます。

 

しかし、通常の白内障よりも進行速度が速いので、早期に手術を行わなければならないこともあります。

 

通常、白内障は放置しない限りは失明のリスクは極めて少ないのですが、進行速度の速い糖尿病白内障の場合は予断を許しません。

 

また、通常は白内障の手術には高い安全性があるのですが、血糖値が高い状態である糖尿病白内障の場合は手術に伴う合併症のリスクがあります。

 

そのため、手術に先駆けて血糖値のコントロールを行う必要性があり、この点は内科医と眼科医の連携が極めて重要な意味を持ちます。

 

また、「糖尿病網膜症」が進行している場合には、レーザー治療が必要になるので白内障の手術を先に済ませてしまうことがあります。

 

●糖尿病白内障を予防するには?

 

白内障の症状自体は年齢に伴うものですが、点眼薬によって進行を抑えたり、抗酸化に関わる対策を行うことで予防効果も期待できます。

 

しかし、その進行を促してしまう糖尿病に関しては、生活習慣の改善によって血糖値の上昇を抑える必要があります。

 

なお、糖尿病白内障には、高血糖そのものが白内障の原因となる、比較的若年層にも発症する「真性糖尿病白内障」と、年齢に伴う白内障に高血糖の合併が起こる「仮性糖尿病白内障」とに分類されます。

 

特に若年層で白内障の症状がみられるほどに血糖値が高いと、早い段階での糖尿病の発症に伴う様々な合併症に一生涯苦しめられることになります。

 

糖尿病は生活習慣に影響されるものなので、食生活や運動の習慣等を見直すことが必要になります。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ