白内障は治りますか

白内障は治りますか?

白内障点眼薬の通販

白内障は完治する病気なのか

眼球の中にある水晶体が酸化してしまうことによって傷つけられて、白く濁ってしまう目の病気の「白内障」。

 

80歳以上のほぼ100%が発症しているといわれている身近な病気ではありますが、やはり「目の病気」と聞くと不安になるもの、今回はそんな「白内障」はきちんと完治させることができるのか?

 

また、その治療方法は?そんな所を深く掘り下げて説明していきたいと思います。

 

まず、結論から言ってしまえば、白内障は「完治させることができる病気」です。

 

なので、白内障になってしまったからきっとこのまま失明してしまうのだ…という考えがある方は、まず安心していただけたらと思います。

 

白内障の手術 

 

白内障を完治させるには、手術をする必要があります。

 

眼球内にある水晶体は、ものを見るためのレンズの役割があるのですが、白内障はそのレンズである水晶体に傷がついてしまうことでものが見えにくくなってしまったり、眼球の中央が白く濁ってしまうという病気です。

 

そのため手術では、その傷がついてしまった水晶体をまず取り出して、かわりになる人工レンズを眼球内に埋め込むのです。

 

一見すると、とても恐ろしい手術のように感じられるかもしれませんが、現在の医療技術の進歩により白内障手術はとても気軽に受けられるものになっています。

 

入院する必要もほとんどなく、日帰り手術か、もし入院することになってもその他の感染症や合併症を引き起こしている場合以外はほとんど1泊以下の入院で治療することができます。

 

けれど、いくら安全で気軽に受けることができる手術だといってもやはり眼球にメスを入れるというのは不安になりますよね。

 

「できることなら目薬で治療したい」と思う方も多いかと思います。

 

けれど残念ながら現時点で日本から発売されている点眼薬で「白内障を完治させる薬」というのは存在していません。

 

もちろん、白内障で病院を受診した場合、点眼薬も処方されますが、それは白内障を治療するためではなく「白内障の病状の進行を遅らせるためのもの」か「術後の感染症を防ぐためのもの」のどちらかになります。

 

基本的に白内障治療というのは、まず点眼薬で病状の進行を遅らせ、様子を見てから医師の判断で手術をする日を決めるという流れになっています。

 

そして、人間だけではなく犬やうさぎも白内障になることがありますが、犬やうさぎの場合、白内障が進行しきってしまって失明してしまっても強力な嗅覚や聴覚があるので基本的な日常生活に困ることはありません。

 

なので小型の動物が白内障になった場合はそのままにしておくことも多いのですが、人間の場合はそうはいきません。

 

人間は外界の情報の90%以上を視覚から得ています。なので小型動物などとは違い「手術しない」という選択を続けるわけにはいかないのです。

 

◯今後はもしかしたら投薬でも治るようになるかも?

 

現時点では手術でしか完治させる方法のない白内障ですが、今後先の未来で、もしかしたら投薬治療にて完治させることができるようにはなるかもしれません。

 

現在、海外から発売されている薬で「白内障を完治させる目薬」として販売されている点眼薬はいくつか存在しています。

 

けれどそれも、効果が出るか出ないかは個人差が大きくあり、日本ではまだ特許も取れていないので、そういった薬を試したい場合は海外から取り寄せる必要があります。

 

けれど、近年の医療技術の進歩はめざましく、また日本でもそういった研究は随時勧められています。

 

なので、近い将来もしかしたら日本でも「点眼薬で白内障は治療できる!」と言われる日が来るかもしれません。

 

まず「白内障は完治できる病気である」ということはご理解いただけたかと思います。

 

また、今後先の未来で点眼薬でも白内障が治療できるようにはなるかもしれません。けれど、やはりそれも何年先のことになるかはわかりませんね。

 

来年には発表されているかもしれないし、十数年先になるかもしれない、「かもしれない」ことを待てるような年齢であればいいですが現時点で白内障の症状が出始めているのであれば、「かもしれない未来」を待つよりも、きちんと病院へ行って医師の診断に従い、完治させることが大切になってくると思われます。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ