生まれつきの白内障とは

生まれつきの白内障

白内障点眼薬の通販

生まれつきの白内障とは

一般的に「白内障」と言われれば、そのほとんどが老化と共に発症する「高齢者に多い病気」として認識され、実際白内障患者の90%以上が60歳以上の高齢者になります。

 

けれど実は「生まれついて白内障にかかっている人」というのも一定数いるということを知っていますか?

 

白内障は高齢者に多い病気ですが、極稀に生まれついて白内障にかかってしまっている人というのも存在しています。

 

先天性白内障

その生まれつきの白内障のことを「先天性白内障」といい、その多くは遺伝か子宮内感染によって引き起こります。

 

うまれつきの白内障には先天性白内障ともう一つ種類があり、生まれた時から目に白い濁りがある患者のことを「先天性白内障」といい、生まれてすぐは普通だったものの、成長すると共に青年期前後で発症する白内障を「発達性白内障」といいます。

 

どちらも発症する時期は違いますが、遺伝または子宮内感染によって白内障になっているのでどちらも「うまれつきの白内障」になります。

 

症状は一緒でもその治療方法は通常の白内障とは少しだけ異なります。

 

通常、老化によって引き起こる白内障は手術にて傷ついた水晶体を取り除きそのかわりになる人工レンズを埋め込むことで完治させますが、先天性白内障の場合はなかなか簡単にはいきません。

 

まず、通常の白内障手術を受ける人というのはそのほとんどが60歳以上である程度の体力も持ちあわせていますが、先天性白内障にかかるのは「うまれつきの白内障」という言葉からわかるように、生まれてすぐの乳児であることが多いのです。

 

なので「手術をする」という部分においては通常の白内障と同じ対処法ですが、その手術内容が少し変わってきます。

 

先天性白内障の治療は、早期発見、早期手術が不可欠で、遅くても生後2ヶ月以内には手術をしなくてはなりません。

 

何故かと言うと、乳児の白内障をそのまま放っておいてしまうとどんどん症状が進行し「弱視」になってしまう上、その後視力を回復させることが非常に困難になってしまうからです。

 

乳児の白内障手術というのは通常の白内障手術とは違い、人工レンズを入れることはしません。

 

水晶体を切除した後、そのまま傷口を塞ぎ「無水晶体状態」という、文字通り眼球の中に水晶体が無い状態にしてしまうのです。

 

そうして無水晶体専用のメガネやコンタクトレンズで視力を矯正していくのです。

 

なぜ人工レンズを入れないのかというと、子供が成長していくと共に視力というのは変化が起こり、数値も変わっていくので、一度人工レンズを入れてしまうと、レンズがその視力の変化に耐えられなくなってしまうことがあるからです。

 

先天性白内障の治療に大切なことは、周りが早く気づき、素早い対応をすることです。

 

どれだけ早く処置ができるかによってその乳児の今後の生活が大きく変わってしまいます。

 

特に両親のどちらかが先天性白内障か発達性白内障を発症していた場合、遺伝によってその子供にも先天性白内障が引き継がれている可能性が大きいので、両親や医師だけでなくその周りもきちんと以上がないか観察し、早期発見に務めることが大切になってくるのです。

 

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ