白内障を予防する食べ物

白内障を予防する食べ物は?

白内障点眼薬の通販

白内障を予防する食べ物

白内障を予防する食べ物

 

年齢を重ねると共に発症していく目の病気である「白内障」白内障にかかってしまうと、眼球の中心が白く濁り、かつ視覚障害などの症状も発症します。

 

そんな厄介な白内障を予防するための目薬などが市販でも販売されていますが、正直「別に病気になったわけじゃないのに薬を使うのはちょっと…」と思う方も多いかと思います。

 

なので、ここでは薬を使わずに白内障を予防することのできる食べ物を詳しく紹介していきたいと思います。

 

白内障にかかると白く濁ってしまう「水晶体」は、実はタンパク質や水分といった成分から作られています。

 

そのタンパク質が酸化してしまうことから水晶体に傷がつき白内障にかかってしまうので、タンパク質が酸化してしまう原因になっている「活性酸素」を抑える必要があります。

 

「活性酸素」とは、人間の体の中に侵入して悪さをしようとしているウイルスなどを撃退する力を持っているので、人間に無くてはならないものでもあるのですが、それが増えすぎてしまうと、白内障の発症を引き起こしてしまうなどの悪影響をもたらしてしまうのです。

 

なので白内障予防になる食べ物を選ぶポイントというのは「活性酸素が必要以上に増えてしまうのを抑えることができる食べ物」ということになります

 

活性酸素の増えすぎを抑えるにはバランスよく食事を取るのはもちろんのこと、強い抗酸化作用を持つ栄養素が入った食べ物を食べることが大切です。

 

抗酸化作用のある栄養素とは、ビタミンCやビタミンE、ルテイン、βカロテン、アスタキサンチン、アントシアニンなどがあります。

 

日頃から良く目にする栄養素、あまり知らない栄養素様々かと思いますが、これらがどんな食材に入っているかを項目別で紹介していきましょう。

 

  • ビタミンC…ビタミンCは、誰もがしっているビタミンの一種でビタミンCを摂取するための栄養ドリンクなども販売されていますね。ビタミンCが多いことで有名なのはレモンですが、それ以外にもブロッコリーやかぼちゃなどの野菜、いちご、キウイなど様々な果実にも豊富に含まれています。ビタミンCは様々な食材に多く含まれているので自分の好きな食材を選んで摂取することができます。
  • ビタミンE…ビタミンEも皆さん馴染みのある栄養素の1つだと思いますし、含まれている食材も多いです。代表的なものを言えばハマチやうなぎ、たらこなどの魚介類。モロヘイヤやパプリカなどの野菜、アーモンドや落花生などの種実類に多く含まれています。
  • ルテイン…ほうれん草やブロッコリー、また、蕎麦などに含まれます
  • βカロテン…ほうれん草やにんじん、ピーマンなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。
  • アスタキサンチン…鮭やいくら、海老や鯛などの魚介類に含まれる赤色の色素成分です。
  • アントシアニン…ブルーベリーや葡萄、ローズヒップなどいわゆる「目にいい」と言われている果物や野菜に多く含まれている成分です。

 

今回は各栄養素の中でも代表的な食材を紹介させていただきましたが、それだけでもこれだけの種類があります。

 

全てを毎日一度に摂取することは当然困難かと思いますが、これらの食材が「白内障の予防になる」ということを意識し、日々の食生活の中にバランスよく取り入れることができれば、予防薬などに頼ることはせずに、日々の食事で白内障を予防することができるでしょう。

 

もし嫌いなものやアレルギーがあり食べることのできない食材がある場合は、サプリメントで補うことも可能なのですぐに諦めてしまう必要はありません。

 

白内障の症状を抑える点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ