白内障のお薬の副作用

白内障のお薬の副作用

白内障点眼薬の通販

白内障のお薬の副作用

白内障が発症すると、しばらくの間は点眼薬や内服薬の処方をされ経過を見た後に手術をするという流れが一般的です。

 

ですが、眼球に直接作用する薬なので副作用も心配ですよね?

 

ここでは一般的に白内障患者に処方される薬にはどういった副作用があるのか?そんなところを詳しく掘り下げて説明させていただきます。

 

まず、一般的に白内障患者に処方される「点眼薬」つまり目薬の副作用について説明させていただきます。

 

全体的に内服薬に比べたら副作用も軽いものとなります。

 

・グルタチオン製剤

 

 「不溶性タンパク質」という成分の増加を抑えることによって、水晶体をクリアに保つ働きをもつ薬のひとつで、基本的には白内障の症状の進行をおさえる、遅らせるために使われる点眼薬です。

 

副作用で多く確認されているものは目のかゆみや充血、視界のかすみなどですが、多くは使用開始直後から数日までの一時的なものとされており、体が薬に慣れることで副作用は少なくなっていくとされています。

 

白内障点眼薬で最も有名なお薬はキャンCで、ジェネリックではシーナックとなります。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

・ピレノキシン製剤

 

この薬はまだ白内障初期の段階で、視覚障害などの症状が出る前の視力が通常通りに保たれているようなケースに使用されることが多く、確認されている副作用は、まぶたの腫れや刺激感、目の痒みや充血などが確認されています。

 

上記で説明した点眼薬の副作用は一時的なものや体が慣れることで副作用が無くなっていくものも多いのですが、内服薬は点眼薬に比べて配合されている成分が多かったり、点眼薬よりも強い効果のある薬が処方されることが多いのです。

 

なのでその副作用も点眼薬に比べて重くなってしまうものが多いです。

 

・チオプロニンと唾液腺ホルモン剤

 

この薬はどちらも白内障の初期段階の時点で処方されることが多く、水晶体の濁りを抑制することによって病状の進行を遅らせることができる薬です。

 

同じような効果を持つ点眼薬、グルタチオン製剤を上記で紹介しましたが、この2つの薬はグルタチオン製剤よりも配合されている成分が強く、効果が出やすい代わりに副作用も重いものとなります。

 

多く確認されているものだとチオプロニンは痒みや発疹、また肝機能に障害が出る場合もあります。

 

また唾液腺ホルモン剤はチオプロニンと同じような痒みと発疹、また嘔吐や下痢、胃の不快感や発熱なども見られています。

 

様々な病気に対して漢方薬が効くように、白内障患者に使われる漢方薬というのも存在しています。

 

けれど漢方薬と聞くと「苦いけど自然のものを使った薬だから副作用なんて無いんじゃないの?」と思われている方も多いかと思います。

 

もちろん副作用がほとんど見られない漢方薬もありますが、白内障患者に使用される漢方薬は副作用が見られることがあります。

 

・八味地黄丸料エキスと牛車腎気丸料エキス

 

この2つの漢方薬のどちらも「過酸化脂質」という眼球を酸化させてしまう成分の生成を抑えてくれる役割を持っており、白内障の進行を遅らせる効果を持っています。

 

けれど、確認されている副作用も多く、どちらもほとんどが共通しておりその代表的なものが、下痢や嘔吐、発熱、腰痛、胃の不信感や体全体の痒みや発疹、食欲不振となっています。

 

ここで紹介した内服薬や漢方薬は、やはり点眼薬に比べて強い成分が配合されているため、より大きい効果を期待することができます。

 

けれど、その分もちろん副作用も大きくなります。

 

基本的には白内障で初めて病院に行き医師に見てもらった時はまず点眼薬を処方されます。

 

その後経過を見てあまり効果がないとみなされれば内服薬等を処方されることになります。

 

なのではじめから内服薬の副作用に恐れる心配はあまりありませんが、どうしても大きな効果がほしい、内服薬がいいという場合は大きな副作用があるということも心得ておきましょう。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ