白内障の市販薬

白内障の市販薬

白内障点眼薬の通販

白内障に市販薬はありませんが、キャンC、シーナック点眼薬を

市販薬

白内障の発症を自覚した場合、基本的にはみなさん眼科に行き医師の指示に従うことが多いかと思います。

 

けれど、もし市販薬で白内障に対応できるものが売っていればいいなあと思いますよね?

 

けれど白内障の市販薬なんて存在するの?とも思われるかもしれません。

 

ここでは市販薬の中で白内障の治療に使用できる薬をいくつか紹介させていただきます。

 

まず、市販薬の紹介をさせていただく前に説明しておきたいことがあります。

 

それは、「白内障は市販薬・病院の処方で購入する薬のどちらも問わず点眼薬や内服薬で完治させることはできない」ということです。

 

白内障を完治させるためには病院で眼球内の水晶体を取り除き、代わりになる人工レンズを埋めるという手術を受ける必要があります。

 

そのため、日本で販売されている白内障の薬というのは「白内障を完治させるためのくすり」というわけではないということをまず頭に置いていただいてから下記の説明を読んでいただけたらと思います。

 

上記で説明したように、日本から発売されている点眼薬で白内障を完治させることはできませんが「白内障の病状の進行をおくらせる」ことならできます。

 

なのでここではそんな「白内障を遅らせる・進行させない事」を目的とした点眼薬を紹介させていただきます。

 

・カタリンK点眼用薬

 

白内障の症状に使われる目薬で、水晶体を濁らせてしまっている「蛋白変性」というものを抑えることで、白内障の症状の進行を遅らせることができる薬です。

 

副作用もほとんど見られていないことから、多くの白内障患者に指示されています。

 

・ジクロード点眼薬

 

「プロスタグランジン」という炎症を起こしてしまう物質を抑制する目薬で、眼痛を抑えてくれるだけでなく手術等にも使われることのある薬です。

 

副作用の報告もほとんど見られていませんが、ごく稀に使用後目に違和感を覚えることがあるようなので、そういった場合は早めに眼科を受診しましょう。

 

・カリーユニ点眼液

 

視力の低下が確認できない、初期段階の白内障に使用することのできる目薬で、カタリンKと全く同じ作用、つまり白内障の進行を抑えるための効果のある目薬で、多くの白内障患者に使用されています。

 

上記では白内障が発症した後に使用される薬を紹介しましたが、実は市販薬の中にも「白内障を予防するための点眼薬」というものが販売されています。

 

「新・黄珠目薬」という点眼薬で、化学成分ではなく、自然の生薬等の成分から作られた目薬です。

 

白内障の予防をしてくれるのはもちろん、白内障治療中の人や、白内障手術を終えた人などからの人気も高く、「予防薬」と謳われれいる薬ではありますが、各比較サイトなどを見て回るとこの薬が最も評価が高く、人気がありました。

 

キャンCやクララスティルなどの海外から発売されている点眼薬は、日本で製薬販売されている点眼薬と違い「白内障を治療・完治させるための薬」として販売されています。

 

既に海外では特許も取られており海外の多くの白内障患者が使用し「白内障が改善された」という報告も上がっています。

 

海外から直接輸入して購入する必要があるので、抵抗感は多いかと思いますが、そういった「海外の薬を使う事」にあまり抵抗がない人や、「眼球の手術なんて絶対嫌だ!」という人は一度試してみるのも手かもしれませんね

 

白内障の市販薬というのは、用途や効果、生産国も様々なので、自分に合ったもの、自分が使いたいと思ったものを選び使用することが大切になってきます。

 

けれどどの薬を使うことにしたとしても、もし目に違和感や異常が出た場合はすぐに使用を中断し眼科を受診することをおすすめします。

 

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ