白内障 予防

白内障の予防法は?

白内障点眼薬の通販

白内障の予防法は?

さまざまな原因により、引き起こされる白内障。しかし、予防法は存在し、それによって白内障を予防することができます。

 

その予防法とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

白内障は、目の中の組織、水晶体が濁ることにより、視界が霞んでしまったり日光や信号機などの光をまぶしく感じてしまったりする病気です。

 

水晶体が濁る原因のひとつが、水晶体を構成しているタンパク質の変質といわれています。

 

これは、タンパク質が酸化することによって起こります。酸化の要因として挙げられるのは、紫外線です。

 

人間の身体は、紫外線や老化により酸化していくものです。

 

しかし、日々大量の光を通す水晶体は、紫外線の影響を非常に受けやすく、そのため酸化による症状が出やすくなっています。

 

予防法としては、日差しが強い日はUVカットのレンズを使ったサングラスやメガネをかけたり、つばの広い帽子を被るといった方法があります。

 

また、体内の酸化も水晶体に含まれるタンパク質の酸化に関与していると考えられているため、食事で抗酸化物質をとることが予防法に繋がります。

 

ほうれん草やブロッコリーに多く含まれている「ルテイン」、ブルーベリーやぶどう、黒豆に多く含まれている「アントシアニン」、そしてアセロラや柑橘類に多く含まれている「ビタミンC」などが効果的です。

 

ブルーベリーが目によい食べ物というのは、有名ですよね。

 

ちなみに水晶体には、高濃度のビタミンCが含まれており、酸化を防いでいます。

 

しかし、ビタミンCを壊してしまうものがあります。それは、タバコです。

 

よく、タバコは肌に悪いと言われますが、それはビタミンCが壊されているからです。

 

ビタミンCが著しく破壊されるため、白内障になるリスクも高まります。

 

喫煙者の方は、タバコを減らしたりやめることも予防に繋がります。

 

目の病気である白内障、なぜ糖尿病と関連性があるのでしょうか。

 

それは、白内障は糖尿病の合併症としても発症することがあるからです。

 

それだけでなく、糖尿病による白内障は、進行が早いともいわれています。

 

糖尿病を予防するには、まずバランスのとれた生活が必要となります。糖尿病のほとんどは、肥満が原因ですよね。

 

肥満になればなるほど糖尿病を発症する確率は高くなるので、栄養バランスの良い食生活を心がけ、食べ過ぎないように気をつけることが大事です。

 

手軽にとれるファストフードやコンビニ弁当などは、習慣化するとあまり身体にはよくありません。

 

そのため、栄養バランスの良い食生活を心がけるには、自炊が最も適しています。また食生活だけでなく、適度な運動も大切です。

 

白内障は放置していると、個人差はあるものの、どんどん進行してしまいます。

 

早期の白内障には、点眼薬の治療が用いられますか、かなり進行してしまった白内障の場合はそうはいきません。

 

その場合は、手術により、水晶体を摘出しなくてはなりません。そのため早期発見は非常に大事です。

 

しかし、加齢による白内障はゆっくりと進むため、初期は自覚症状がほとんどありません。

 

そのため気付いた時には、かなり進行していた、なんてこともよくある話です。早期発見のために出来ることはあります。

 

片方の目を覆って片側ずつで見て、目のかすみ、視力の低下、光をまぶしく感じるかなどを日頃からチェックすることで、白内障の早期発見へ繋がります。

 

また、白内障は早ければ45歳前後から発症するので、40代以降の方は、年に一度は目の検査を受けることもおすすめです。

 

このように、白内障の予防法は様々です。

 

特に、日頃から出来るセルフチェックはやっていて損はありません。

 

健やかな目を保つために、白内障の予防はしっかりとしておきたいですね。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ