紫外線と白内障

白内障と紫外線対策

白内障点眼薬の通販

紫外線ケアが白内障ケアに

白内障の予防には意外ですが、紫外線ケアは非常に大事なんです。その関係性についてお話しします。

 

眼は光を取り入れてものを見るための臓器ですが、人体に害がある紫外線はできるだけ眼球内部に入れない構造になっています。

 

肌に角質層という紫外線をシャットアウトするバリア層があるように、眼には角膜というバリア層があります。

 

角膜は眼に降りそそぐ紫外線のおよそ80%をカットします。

 

とくに波長の短いUVBはほぼ100%カットされます。

 

日ごろ肌の紫外線対策をしている女性はよくご存知ですが、紫外線には波長が短いUVBと波長が長いUVAがあります。

 

サンバーンという火傷のような日焼けを起こすのはUVBですが、角質層を通過することはできません。

 

波長が長いUVAは角質層を通過して表皮層や真皮層にまでとどき、長年のうちに深いしわを作る原因になります。

 

眼では、強いUVBを浴びると急性の紫外線角膜炎を起こすことがあります。

 

これはいわば目のサンバーンです。

 

角膜を通過した20%の紫外線(UVA)は水晶体でほとんど吸収されて、網膜まで届くのは1〜2%と言われています。

 

視神経の集まりである網膜がいちばん手厚く保護されているわけです。

 

しかし、白内障で問題になるのは水晶体に侵入した紫外線です。

 

白内障は水晶体のタンパク質が酸化変性されて白く濁る病気です。

 

紫外線は活性酸素を発生させて水晶体の酸化を促進するので、白内障の発症や進行を早める原因になります。

 

白内障が60代以降に高い確率で発症するのは、加齢によって抗酸化力がじょじょに低下してくるからです。

 

そんなときに紫外線の影響でさらに酸化ストレスが加わると、白内障の進行が早くなります。

 

お肌はUVカットクリームやファンデーションで紫外線対策ができますが、眼は日傘、つばの広い帽子、UVカット機能があるメガネやサングラスで保護しなければなりません。

 

男性で日傘をさす人が増えてきたのは、その意味でたいへん好都合です。

 

40歳を過ぎたら、少々お高くなりますがメガネはUVカットレンズを選ぶようにすると白内障を遅らせるサポートにもなります。

 

長年の間には水晶体が受ける紫外線総量に大きな差が出ます。

 

強い紫外線を避けるだけでなく、日常生活で浴びる紫外線量をできるだけ少なくすることが白内障予防にもなります。

 

サングラスを使用するときに注意したいのは、サングラスの色の濃さは紫外線カット能力とは関係がないことです。

 

サングラスは紫外線透過率が表示された品質の良いものを購入する必要があります。

 

「紫外線透過率1%」とあれば、99%紫外線がカットされるということです。

 

色は濃いけれど紫外線をカットしないサングラスは、目の虹彩を広げて紫外線をたくさん眼の中に入れることになるので逆効果です。

 

また、ビタミンC、ポリフェノール、ビタミンEなど抗酸化力のある食品を摂取する、身体の中からの紫外線対策も合わせて白内障の阻止に役立ててください。

 

白内障の症状を予防したり進行を阻止する目薬がキャンCやシーナックで、個人輸入で通販できますので必要な方はご確認ください。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ