白内障 目薬

白内障の目薬とは?

白内障点眼薬の通販

白内障の目薬とは?

白内障の目薬キャンC

「白内障の治療」と聞いてまずピンとくるのは「手術」ですよね?

 

実際に、白内障患者の大多数が手術治療にて対応していますし、眼科医も、患者の体にその他の合併症の危険性やよっぽどのことが無い限り手術をまず勧めてきます。

 

けれど正直「眼球を手術なんて…」という不安はありますよね。

 

そこで白内障は目薬、つまり点眼剤で治療はできないのか?また白内障患者に処方される目薬とはどういったものなのか?

 

という部分を説明していきたいと思います。

 

白内障とはそもそも、眼球の中にある「水晶体」が酸化し、傷がついてしまうことで起こる病気です。

 

白内障になると眼球の黒目の中心から徐々に白いもやのような色が広がっていくので、ある程度病気が進行した患者なら、第三者から見ても「あの人は白内障なんだな」とわかるくらいになってしまいます。

 

そして白内障の手術というのは、その傷ついてしまった水晶体を眼球内部から取り除き、そのかわりに水晶体の役割をしてくれる人工レンズを埋め込むという方法です。

 

基本的には特に大変な手術でもないですし、局部麻酔のみで行える手術でもあるので白内障になるとまず手術を勧められますね。

 

その際に目薬を処方されることもありますが、それは基本的に術後の目を保護するような役割として処方されることが多いのです。

 

まず、結論から行ってしまえば海外で販売されている一部キャンCやシーナックなどの個人輸入で買える目薬を除いて、日本で買えるもの、医師から処方される目薬で白内障を完治させるのは不可能に近いです。

 

 

どういうことかというと、白内障患者に処方される目薬というのは「白内障の症状の進行を遅らせるもの」と「白内障の予防になるもの」の2種類であることがほとんどで、白内障の症状を目薬によって「回復させる」というのが難しいからです。

 

この2種類の目薬も、どういった時に処方されるかというと、「その段階では白内障と確定はできないが白内障の疑いがあるとき」や、「白内障と断定されてから手術までに間が空いてしまうので、その間症状が進行しないようにするため」など、結局は最終的に「手術」があるというのが前提として処方されるものという認識があったのです。

 

上記で説明した一文にあった「海外で販売されている一部の通販型の目薬」これは「白内障治療の点眼薬」として販売されています。

 

点眼薬の名前はキャンC、シーナックの2種類です。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

上記では「予防」と「症状を遅らせる」ことしかできない薬ばかりだと説明したのにどういうことなのか?

 

まずは、白内障のしくみからご説明します。

 

そもそも白内障は眼球内の成分「カルノシン」が少なくなり、酸化、そしてそのために傷がついてしまうことで起こってしまう病気ですが、この酸化を防いでくれる「カルノシン」という成分は年を重ねるごとに体の中から消えてしまい、また食事等では摂取できない成分になります。

 

なのであたらしく栄養素を作ることができないので白内障になってしまったら手術しか方法がない、と言われています。

 

けれど、「キャンC」や「クララスティル」といった海外で特許を取得した「白内障を治療する目薬」は「カルノシン」の代わりになってくれる「Nカルノシン」という人工アミノ酸を開発し、目薬にすることで点眼でも白内障の治療を可能にしているのです。

 

基本的に「目薬で白内障の治療をするのは不可能」と言われていましたが、現在海外で販売されている一部の目薬は「白内障が治療できる点眼薬」としてじわじわと人気が出ています。

 

けれど「やはり海外製品は…」や「手術するくらいだったら」と不安は様々だとは思います。

 

やはり手術を!という場合はもちろんそれでもよいかとは思いますし、点眼剤を使うのなら自分に合っているものかどうか、副作用がないか、などはもちろんのこと、金額面で自分の負担にならないかどうかなど、しっかり調べてからの検討をおすすめいたします。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ