白内障手術後 注意

白内障手術後の注意点は?

白内障点眼薬の通販

白内障手術後の注意点は?

白内障の手術

年齢を重ねるごとにその発症者数も増えている「白内障」眼球内の水晶体が参加によって傷ついてしまうことで発症し、視力低下や黒目が白くなってしまうことで知られています。

 

そしてその治療法は大多数が「手術治療」になり、白内障で病院を受診した際も基本的には投薬などよりも先に「手術」を提案されることが多いです。

 

そんな白内障の手術、無事手術が終わった後も気をつけなければならないことがいくつかあるのです。

 

白内障の手術治療、実際に手術の際どういった処置を施しているのか知っていますか?

 

白内障は水晶体が傷つくことで起こる病気です。水晶体というのは目で見たものを映す、レンズの役割をしています。

 

それが傷ついてしまうことによって視力の低下に繋がるので手術の際は眼球内から水晶体を取り除き、そのかわりに人工レンズを眼球に埋め込むという処置をしているのです。

 

「眼球にレンズを埋め込むなんてなんだか怖い…」と思うかもしれませんが、安心してください。

 

白内障の手術というのは眼科で行われる手術の中でもポピュラーな手術で、麻酔も目周辺のみの局部麻酔で済み、施術時間も日帰り入院、または通常の診察などと変わらない程度の時間で行うことができるのです。

 

実は「安全」「簡単」と言われている白内障手術でも、合併症を引き起こしたり、効果が見られず再手術をする患者も毎年約5?10%の割合で存在しています。

 

術中・術後に体力低下等によって引き起こってしまう合併症は別にしても、手術後にせっかく手術した目を悪化させてしまわないようにするため、自分自身でも気をつけられることはいくつかあるのです。

 

それを箇条書きにてご紹介します。

 

・目を押さえてはダメ!

 

白内障の手術は上記でも説明したように、眼球内にレンズを埋め込む施術方法の手術です。

 

なので当然眼球にメスを入れ、切っています。

 

なのであまり目を押さえたり、かいたりしてしまうとばい菌が入ってしまい感染症を引き起こす可能性があります。

 

・メイクは厳禁!

 

女性の方に多いのは、術後のお化粧。

 

術後5日を過ぎてしまえばアイメイク以外のファンデーションやリップなどのお化粧は問題ありませんが、アイシャドウやアイラインは厳禁です!

 

メイク道具の成分は決して体にいいものとはいえません。

 

そういった成分が傷口に入ってしまうと、菌と同じように感染症になってしまう可能性がある上に、クレンジング時に目を強くこする必要が出てきてしまいます。

 

術後しばらくのお化粧は医者の許可が降りるまでは我慢するようにしましょう。

 

・きちんと点眼薬の使用を

 

術後は必ず2?3種類の目薬が処方されます。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

使用方法は処方された薬によって違うとは思いますが、必ず医者の指示通りの回数・期間投薬を続けましょう。

 

白内障の手術は気軽にできますが決して「簡単」な手術ではありません。

 

術後の注意などは上記に書いたもの以外でも細かく多数存在し、医師がきちんと説明してくれます。

 

そして、眼球というのはとてもデリケートな部位なので、自分の判断で「もう大丈夫だよね」「今までなんともなかったし」と安易に考えて禁止されたことをやってしまったり、投薬をやめてしまったりすることは絶対にやめましょう。

 

医師の指示通りに「術後のケア」を行うのが完治までの最大の近道です。

 

一般的に「白内障の手術」自体は短時間で終わりますが、術後の経過を見て完治までかかる期間は最低でも三ヶ月はかかると言われています。

 

手術の翌日・数日後・一週間、一ヶ月と定期的に病院に通い経過観察をする必要があり、その間の日常生活でも気をつけるべき部分はたくさんあります。

 

「めんどうくさい」「手術までしたのにまた何度も病院に通うなんて」と思うかもしれませんが、自覚症状が出ない合併症や感染症が起こっている場合などもあります。

 

きちんとケアをすればするほど早く完治する!と割りきって、術後しばらくはきちんと医師の指導の元、生活をすることが大切になるのです。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

白内障手術と手術後の見え方について動画で解説します。参考にご覧ください。

 

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ