犬の白内障

犬の白内障とは?

白内障点眼薬の通販

犬の白内障とは?

犬の白内障

眼球の真ん中にある水晶体が酸化によって傷ついてしまうことから発症する白内障。

 

人間の場合は老化と共に白内障の発症のリスクも増えますが、実は白内障になるのは人間だけではありません。

 

実は、私達人間にとても身近な動物である犬にも同じことが言えるというのは知っていましたか?

 

犬の白内障は、人間と同じように老化によって発症する例が多く、大型犬よりも平均寿命が長い小型犬?超小型犬の間でよく見られる病気です。

 

症状も人間と同じく眼球の中に白いもやのような濁りが現れ、白くが徐々に低下していきます。

 

最終的には老化に伴い起こる他の病気や外傷によって失明まで行ってしまう可能性もあるので可能であるならば早く治療してあげるのが一番でしょう。

 

犬の白内障を判別する方法については着目点はいくつかあります。

 

まず基本的なのは犬の眼球内の一部、または全体に白い濁りが出てきていないかどうかの確認です。

 

けれどこの濁りがはっきりと見えるような状態というのは、もうかなり白内障の症状が進行してきている段階です。

 

それ以外で見られる特徴は、その犬の行動にあります。

 

以前よりもよくつまづくようになったり、歩いていて壁やものにぶつかるようになってしまったりしたら、それも犬の白内障が発症し始めているかもしれません。

 

けれど行動だけで言えば他の病気の可能性もあるので「何かおかしい」と思ったらすぐに病院へ行って医師に見せることが一番大切です。

 

犬の白内障の治療においても、人間とほとんど同じです。

 

手術して人工レンズを埋め込み完治させるか、キャンCやシーナックのような点眼剤の投与によって進行を遅らせるかのどちらかになります。

 

犬や人間の白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

 

けれどここで人間と違うのは「安易に手術を行うことができない」ということです。

 

人間の場合は、「目の手術」という精神的不安はあるでしょうが、白内障以外の病気を持っていない、基本的に健康な成人であるならば局部麻酔のみで簡単に手術を行うことができます。

 

けれど犬の場合、特に発症が多く見られる小型犬などは、麻酔の負担に耐え切れなかったり、手術そのものに耐え切れない場合も多く、また術後の合併症への不安もあります。

 

なので手術を視野に入れつつまずは点眼剤で進行を遅らせるというのは一般的な治療になります。

 

けれど、点眼についても目に水滴が入るのを嫌がる犬は多いのでおとなしく点眼させてくれなかったりする犬も多いです。

 

また、経過観察や術後の検査のために何度も病院に通わなければいけないので、飼い主は時間の都合をあわせなくてはいけない上、金銭的負担も大きく、また外出嫌いな犬なども多いので病院に何度も通うことでストレスになってしまう犬も多いのです。

 

どうするべきかは病院の医師とよく相談する必要があるでしょう。

 

犬の白内障というのは、犬を飼っている人にとっては一般的な病気でもあるので、多頭飼いをしている家庭なんかではよく見られる病気かもしれません。

 

また犬の白内障は老化だけではなく、目への外傷やそれ以外の病気の影響などでも発症する可能性があるので、何かおかしいと感じたらすぐに病院に連れていき早い段階で治療を開始するのが一番いい方法でもあります。

 

毎日一緒に暮らす犬の小さな変化を見逃さないように気をつけることが大切なのです。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ