白内障 キャンC

白内障の点眼薬キャンC(Can-C)とは?

白内障点眼薬の通販

白内障の点眼薬キャンC(Can-C)とは?

キャンC

眼球中にある水晶体が酸化してしまうことで傷つき発症する「白内障」。

 

その治療法は、手術や点眼など、いくつかの種類から選ぶことができますが、やはり「眼球の手術」というのは怖いですよね。

 

「手術はちょっとなあ…」という人には「点眼剤」、つまり目薬での治療がおすすめされています。

 

この記事ではいくつかある「点眼薬」のうちの1つ、「キャンC(Can-C)」について説明していきましょう。

 

これまでの「白内障の治療」と言うと「手術」。

 

それも傷ついた水晶体をごっそりと取り除いて、人工レンズを代用品として眼球内に入れるというのが一般的でした。

 

しかし手術を受けてもその費用はかなり高額で、安全で簡単な手術ではあるのですが過去に手術を受けた人の約10%のが、「再手術を受けていた」というのが現状だったのです。

 

そして点眼薬を使用するとしてみても、「白内障治療の点眼薬」というのは治療を薬で行うのではなく「水晶体の濁りを予防する」「症状の進行を遅らせるもの」として認識されていました。

 

今まで処方されていた白内障の点眼薬というのは、「ピノレキシン製剤」や「グルタチオン製剤」という成分が入ったものがあり、どちらも上記の項目で説明した「水晶体の濁りを予防するもの」と、「症状の進行を遅らせるもの」として使われ処方されていました。

 

けれど実は医学的にも、明確な根拠での効能が認められていなかったのです。

 

つまり今まで使われていた「白内障治療における点眼薬」というのは「気休め程度」で処方されていたものだった、というのです。

 

ですが、キャンC(Can-C)はその中に配合されている「Nアセチルカルノシン」という成分が水晶体の酸化を防止してくれる効果を果たしてくれると共に、元々眼球内に存在する成分で、眼球の酸化の進行を抑え、修復する効果を持っている「カルノシン」という成分のかわりをしてくれるのです。

 

あまり聞いたことがないような専門用語を並べられても、成分のことはよくわからないし、海外発の薬は安全に使えるのか不安…という方もいるかと思います。

 

確かに「外国製」と聞くと不安になってしまいますよね。

 

けれど安心してください。キャンC(Can-C)は、何度も繰り返された臨床試験では90%以上の確率で視力の回復が見られたと報告がされており、2010年にはアメリカで『白内障が「治療」できる点眼薬』として特許を取得しています。

 

そしてその後徐々に日本を始めたアジアやヨーロッパの各国でも現在特許を申請中なのが現状です。

 

そのことからもキャンC(Can-C)がとても安全に使える薬だということがわかっていただけるかと思います。

 

白内障の点眼薬キャンC(Can-C)が、どういった効果があり、どういった薬であるのか、安全に使えるものなのかどうか、多少はわかっていただけたかと思います。

 

詳しい仕様方法や副作用や注意点などはまた別の記事にて詳しく説明させていただきたいと思いますが、まずは「外国製だからといって危険なわけではない」ということを理解し、抵抗感を無くしていただけたらと思います。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ