キャンC 使用方法

キャンC(Can-C)の使用方法

白内障点眼薬の通販

キャンC(Can-C)の使用方法

キャンC

ロシアの研究チームが10年以上の年月をかけて開発し、何度も臨床試験を繰り返してアメリカで特許をとった「白内障の点眼薬」「キャンC(Can-C)」

 

その「キャンC(Can-C)」の使用方法などについてここでは説明させていただきます。

 

白内障は水晶体が酸化することでなってしまう病気です。ですので大切なことは点眼薬内に配合される「Nアセテルカルノシン」をしっかりと眼球へ浸透させることなのです。

 

またキャンC(Can-C)は通常の目薬と違い、長期間投薬する必要がありその指し方も少し特殊なものになります。

 

投薬開始から半年程の間は「両目に2滴ずつ」「一日に朝夜の2回の点眼」

 

7ヶ月目以降は「両目に2滴ずつ」というのは変わりませんが、回数が「一日に一度の点眼」へかわります。

 

そして点眼する際の点眼方法が普通の点眼薬と違い「1滴目をさした後、2滴目をさすまでに5〜10分の間を置く」というのが一番の特徴です。

 

普通の点眼薬だと、2滴さす必要があるのなら2滴一緒にさせばいいのですが、なぜ1滴目と2滴目で時間を置かなければいけないのか?

 

それは通常の薬局などで買える目薬というのは「目の乾燥を抑えるため」や「目のゴミを洗い流すため」に使うので表面に薬が浸透すればいいのですが、白内障というのは目の奥にある水晶体まで目薬を浸透させる必要があるからです。

 

2滴さす間に時間を置くことによって、薬がしっかり水晶体まで浸透し酸化を防いでくれる役割を果たすのです。

 

使い始めて1ヶ月程はあまり劇的に効果を実感することはできないかもしれません。ですが、それでも辛抱強く半年は続けてみてください。

 

白内障の症状が発症してからキャンC(Can-C)を使い始めるタイミングが早ければ早いほど、治療の効果が現れるのも早いので「もしかしたら自分は白内障かもしれない」と思っても放っておくことはせずにすぐに治療を始めましょう。

 

それこそが早く白内障を完治させる一番の方法です。

 

白内障の点眼薬として有名なキャンC(Can-C)の使い方、大まかな流れは上記で説明したような形になりますが、開封時からの詳しい使い方はキャンC(Can-C)の箱内に同梱されている説明書にもありますし、キャンC(Can-C)公式サイトでも確認することができます。

 

また、1滴目をさした後2滴目をさすまでに数分間時間を置く必要があるのが特徴ですが、逆にその時間を活用して肩や首のマッサージをしたりすることで体調改善にもつなげることができますので、その少しの時間が煩わしいと思う場合は「手術をするよりも手軽に完治までの治療ができる」という意識を持ち、積極的にそういったマッサージをするなどしてみてください。

 

また、製品の形やパッケージ等は通常の目薬なんかとなんら違いがないキャンC(Can-C)ですが、使用上で気をつけたいことや指し方が特殊であることが特徴です。

 

自分の判断でさしてしまうとせっかくの薬なのに効果がみられないということもあるので、きちんと確認してから治療を始めるよう心がけましょう。

 

白内障の点眼薬キャンCやシーナックはこちらからご確認ください>>

白内障点眼薬の通販

ホーム RSS購読 サイトマップ